自動車保険の対人賠償

対人賠償

 

自動車保険で一番大切なことは、事故の相手に対する補償が払えるかどうかです。

 

万が一自分の不注意で交通事故を起こした場合、事故の相手の怪我や障害、死亡への賠償責任を負います。
その時に自分で賠償金を用意できる人は殆どいません。 そのために車を運転する人にとっては一番重要なものが任意保険なのです。
自賠責保険に加入しているから大丈夫と思っている方もいますが、それだけではおそらく足りません。
自賠責保険は最低限の補償しか出ないのです。

 

自動車任意保険は契約車で他人を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に治療費や慰謝料を補償するものです。
契約の際に設定した金額が上限となりますので、保険金額は「無制限」がオススメです。

 

交通事故で相手を死亡させてしまった場合は億単位の賠償を負うこともあります。
自分の将来のためにも「無制限」で契約することをオススメします。

 

対人賠償の補償は「他人」となっていますので、自分の父や母、配偶者、子供に怪我をさせてしまった場合などは対象外となり保険金がおりませんのでご注意ください。

 

飲酒運転など自分に非がある場合は任意保険が降りない条件がありますので、安全運転を心かけましょう。