自動車保険の補償が重複するともったいない?

自動車保険には弁護士特約というのがありますがご存知ですか?
こちらが全く非がない事故で100%相手が悪いという時に、こちらの保険会社の担当者は全く対処できないのです。そんなときにあなたに変わって交渉してくれる弁護士を紹介してくれるのが弁護士特約です。
弁護士特約は契約している車での事故だけでなく、タクシーやバス、友人の車なども含まれ、つまり自動車全般のことを指します。
また原付や二輪自動車の事故も大丈夫です。
これは自分は徒歩で相手が車の場合でも使うことができますので、ぜひつけておきたい特約です。

 

ただ自転車は対象外ですので、自転車同士や歩行者と自転車との事故には使うことができません。
弁護士特約は1台目の車にセットしておけば、契約者本人だけでなく家族が搭乗中でも補償の対象となるのです。
ここで言う家族とは、@記名被保険者本人・Aその配偶者・@とAの同居の親族・@またはAの別居の子(未婚であること)のことです。

 

もし一家に2台車があり、それぞれで自動車保険に加入する際に2台目に弁護士特約をつけると補償が重複されることになります。
2台目に弁護士特約をつけるメリットは、家族以外つまり友人や知人が乗っていた際に事故に遭った場合にはこの方々にも補償がつくという点です。
家族以外の方が多く乗ることがある場合は、2台目もつけておきましょう。

 

車は大人の保険ですからファミリーバイクや軽自動車などの適用範囲や使い方を理解して数日で決めなくてはいけません。更新のときの領収書を取っておくことが基本の個人賠償責任についても試算して満足度ランキングを目安にして早割を利用するなどしてお得に見直してみましょう。
累計走行距離よりも円環の走行距離の方が重要で概要を理解していれば概算見積もりも簡単に行えるのでおすすめです。セカンドカー割引はあまり理解していない人がいるかもしれませんが、最初から等級をアップしてスタートすることができるのでお得に成ります。
契約は午後4時でき切り替わりますので、契約会社を変更した人は時間まで気をつけておく必要があります。クレジット払いや銀行引き落としで契約したものは残高不足にならないように手続きをしっかりとしておきましょう。会社の団体割引やグループ割引きが使える方は見積もりをとっておきましょう。