人身傷害と搭乗者傷害の違いを調べてみました。

 

自動車保険の中で自分の怪我や障害、死亡に備えるのが人身傷害です。
そしてもうひとつ搭乗者傷害というものがあります。
どちらも、自分と一緒に車に乗っている人の両方ともを補償してくれます。

 

両者の違いは保険金の支払われ方にあります。

・人身傷害は実損払い: 事故の内容により金額が異なります。かかった治療費や休業損害などを算出し契約している保険金額を上限として保険金が支払われるのです。

 

・搭乗者傷害は定額払い:入院や通院の日数などによって保険金が計算されます。

 

人身傷害は歩行中に事故に遭った場合や、タクシーやバスに乗車中の事故でも補償対象となるので安心です。
しかしその分保険料が高くなるというデメリットもあるので、自分の車を運転中にのみ補償を限定する方も多いです。

 

そして搭乗者傷害との大きな違いは、人身傷害は示談を待たずに保険金を受け取ることができる点です。
搭乗者傷害は、入院の日数やけがの程度で保険金が支払われるのでスムーズかと思いきや、示談が成立しない場合には保険金がおりません。
だから人身傷害に加入する方が多いです。

 

そして、事故の場合に人身傷害・搭乗者傷害も過失割合いに関係なく保険金が支払われます。
そしてこれらのみを使った場合は等級はダウンしません。
一緒に対人・対物賠償や車両保険を使った場合はダウンします。